fc2ブログ
RSS

コンクリート打ちがやっと終わった

10/26 に胴縁を利用して作った型枠を備え付けた。

2016102708170001.jpg

こーゆー場合は底と縦を分けて打つのかもしれないが、同時に凹型に
流し込むよーにする ⇒ 型枠を外した後、底の両サイドを補修します。

2016102708170000.jpg



10/27 は、午前・午後合わせて6時間コンクリート打ちに

費やしチョッと疲れ、昨晩は21時半に就寝。。。


セメントを何回も練るのは腰にくるが、コテで隙間ができないよう

突っつきながら押し込んでいきます。

2016102810460000.jpg

最初は、モルタル(セメント+砂)部分と、コンクリート(セメント+砂+砂利)部分を

分けよ―としてたが(小道に面した足で踏むであろう部分はコンクリートでと)、

めんどくさいので全てコンクリート打ち。

2016102716140000.jpg

コンクリートを練っている最中にガスの集金屋さんが来て

「いつも作業してはりますね」と。。。

ほんな事はないやろ、それにアンタ来るのは月に1回のことやし。


2016102810480000.jpg

溝の深さが浅いのでジャジャ降りなら絶対に溢れる。
が、べつにかまわない。今までどおり小道に流れるだけ。。。



この溝からの排水は、このまえ埋めたパイプから本堂裏と神社の間の溝へ。
2016102810470000.jpg
それにしてもパイプの上の部分は瓦やレンガなどの廃棄物がいっぱい・・・ウチが
捨てたのではない。あとで溝掘りで余った土を上にかぶせることにしよう。。。


この排水パイプの先はこんな具合。
2016102811130000.jpg
昔、ここは川やったとのこと(今も川と繋がってます)


大雑把なコンクリート打ちやったが、2,3日後に型枠を外した後

もう一度補修します。

数え切れんぐらいの立ったりしゃがんだりの動作で少し膝が痛んだのと、

作業場所が神社に面していてヤブ蚊に何か所も刺されながらも(まだこの季節

でも神社側には蚊が)、これでコンクリート打ちが終わったのでヤレヤレ。

総工費は7千円強でした(4M排水パイプ・U字溝1本と蓋・胴縁10本)
(セメントや砂は手持ちの物を利用)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す