fc2ブログ
RSS

名案が?

今回の首都圏での積雪でおもろいコメントがあった。


東京が雪のたびに大混乱するのは、その姿を見て地方の人が冷笑することで、

進まない地方創生のガス抜きを行うため、あえて対策しない政府の陰謀。

ではなく、

雪対策は初期・運営ともすごく金がかかるため「年に数回の雪ごとき、

対策より大混乱した方が社会的にプラス」でしかないと思います



なるほど、ワイらのガス抜きか、表現がオモロクてニヤリとしてもた。。。

たしかに融雪装置などの設置には大きな支出が必要やしね。

雪道でも平気でノーマルタイヤ車でハンドルを握り、その結果スタックで

大渋滞を引き起こす輩に対して、もっと簡単で有効的な方法があるやないか。


それは、道路交通法の改正や。

沖縄県を除く各都道府県には、すべり止め措置について

各公安委員会にて定められている。

ちなみに滋賀県は、


<滋賀県道路交通法施行細則 第14条第1号>

積雪または凍結している道路において、自動車(二輪の自動車を除く)を

運転するときは、タイヤチェーン等をとりつけ、すべり止めの措置を講ずること。



条文は 各都道府県だいたい似たり寄ったりですが、東京都は
          原付バイクにもタイヤチェーン等を、、、とあります。

 【都道府県別 防滑措置に関する道路交通法】 



但し、これには違反点数がなく、大型車7,000円・普通車6,000円の

過料が課せられるとあるが、金額安すぎ、それにホンマに取り締まってるのかいな?

スタックした車を警官らも押し、動けば『お気をつけて、バイバイ』だけかと。。。

スタッドレスタイヤを装着していても、大迷惑を被って意味がない。

違反点数加算と反則金は今の30倍ぐらいの200,000円以上・

取り締まりの強化・大々的な告知
で、どーですかねぇ

国庫に入った反則金の中から、バス・タクシー会社にスタッドレスタイヤ購入補助金を

出したらええがな。


P.S
毎日降るわけやないし、年に1回程度のことでは、『補助金』は
とても無理でした・・・。
仮に東京で反則金が20万円としても100件摘発で2000万円。
ま、ワイが考えることでもないわ。。。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す