fc2ブログ
RSS

マドンナも感激!

レース前の一番の心配事は、 が出るか否か。

(いきなりの下品なアタマフリ)

当日は普段より早起きするので、リズムがいつもと違って難儀します。


そこで、ワイのスムーズにスル方法はと、

① 朝食後に、握りこぶしでお腹をグルグル。

② お尻を、両手でトントン叩く。

③ 足裏を冷やす(廊下や床タイル等で)
  (冬場は、これが個人的には有効です)

これでも出ないときは、必殺技で排便を・・・



3,4年前に〝劇団ひとり〟が某週刊誌のコラムに書いていました。

確かに、よく効きます! が、個人差はあるかも。
トイレ


④ ウォシュレット便器で、黄門さまからユックリとパクッ、パクッと注入!

なんと目からウロコの使い方、浣腸効果で便意がもよおしてきます。

(この方法は、応急措置ですので毎回はしないほうが賢明です)


マドンナも、日本が生んだこのウォシュレット(シャワートイレ)に
大感激して、自宅に取り付けたそうな。

 この記事は、新たに〔お役立ち情報〕カテゴリーをつくって
  そこに分類しましたが、役立ちそうにない知識です・・・。

こんなことは、皆がやっていて当たり前のことなのかな?
尋ねたことないし、わからんけども。


【 練 習 内 容 】

8月27日(金) ― 

  ムカデに咬まれて、消毒しているうちにランする気がなくなりました。

8月28日(土) ジョグ
18:30S 31~29℃ 葉山川経由湖岸道路
風があったが、出だしからピッチ上がらず。
本日の走行 15.3キロ 1時間32分46秒(平均6分04秒/k)
途中で、3キロと1キロだけペースアップ。あとはスロージョグ。

8月29日(日) 
18:00S 市民運動公園までバイクで行く
〔予定:グランド(540m)でのI・V5本〕
1周目が速すぎて2本しかできず。
その他.WSを100m×5本。
本日の走行   3.2キロ

今月の走行 178.5キロ


8月30日(月)
夕方にも法務があるので、そのあとランするか未定です。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
457:No title by 向かい側56 on 2010/08/30 at 15:16:35

たしかに、レースのはかなり影響しますね
レース何分前とか、残量とか、走る距離によっても、フルの場合は余計に気になりますね
私の場合は、フルは少しぐらい残ったほうが終盤ガス欠(空腹感)のなら無くてよい、それより短い場合は、柔らかくなるぐらいまで、出し切ったほうが体が軽く感じますね。
場所は、会場付近(アップがてらに1・2㌔離れた)の公園や学校・・工事現場をお借りします。落ち着いて出きるのが一番。

458:No title by リュウ on 2010/08/30 at 19:39:18

向かい側さんへ

身体を軽くする、というより レース中いきなり
もよおしたらタイヘン、という思いなんです。
練習中にガマンできなく、田んぼで・・という事も
ありました。幸い、夜でよかった(冷汗)

いっぽう小の方では、ワイはアップはしませんが、
水分が膀胱よりも汗腺にいくように、小●対策で
アップする人もあるみたいですね。
次からワイもアップしよーかな。

459:No title by yama on 2010/08/30 at 21:51:51

確かに生活の時間帯が少し変わるだけで
リズムが狂う事が多々あります。

私もやりますよ、
②と④。
④は確かによく効きますね。(笑)

460:No title by リュウ on 2010/08/30 at 22:40:36

yamaさんへ

④番は、そんなこと誰にも聞いたことなかったけど、
皆やっていたんやー。って分ったのはYAMAさん
だけやけど(笑)
最近は高速道路パーキングでも、このタイプの
便器が普及してきて、大会会場入り前に
フンばってます!

461:油断大敵 by まっする on 2010/08/31 at 14:53:02

30日の夜の勤務時間内に搬送コンベアーから転倒して捻挫・・一晩あけたらパンパンに腫れていましたので通院検査・・・レントゲンは異常なし・・こんなに腫れては歩けません・・とても仕事は無理でしょう・・・プロの選手なら怪我にもならんでしょうが・・・
ちょっとした油断が・・マラソンはない時で助かったが、とても危険な現場のことを常に自覚してないと・・・

462:No title by リュウ on 2010/08/31 at 19:56:48

まっするさんへ

前職のときに、第1種衛生管理者資格を持っており、いろんな
労働災害をみましたが、ほとんどが『え、ナンで?』と慣れと
油断によるものが、やはり多かったです。

練習再開までは長く感じるでしょうが、すぐに完治しますよ!
ワイは、仕事じゃなしにスキーで捻挫したことがありました。

▼このエントリーにコメントを残す