fc2ブログ
RSS

有峰林道・称名滝・永平寺行き

ガソリン満タンはもとより、各オイル量の点検や、図書館で道路地図を

借り(カーナビより時には分かりやすい)、レーダー探知機の最新データ

更新(分からんからいつも愚息にやってもらってる)を前日までに済ます。


6月2日(土) 自宅を5時前 出発。

以下、ガラケー画像です(併用してデジカメでも撮ってますが…)


名神 栗東I・C ~ 東海北陸道 飛騨清見I・C ~ 一般道に。


飛騨市神岡町の道の駅(宙ドーム神岡)に着く前あたりより、

奥サンがクルマ酔いで「気持ち悪くなってきたし、

もっとゆっくり走って」
と、のたまう・・・。

高速を降りてからは幹線道路を通らずにカーブが連続する道を走ってきては

いるものの、『これからが本番やのに…』 と言い出しそーになり。。。



道の駅で休憩後、いよいよ林道高山大山線 (走りやすい2車線道路)をゆっくり目に走り、

2018060209240000.jpg

引き続き、1,900円の通行料を支払って有峰林道へ。



【有峰林道】
2018060210120000.jpg
週末にもかかわらず通行量はものすご少ないが、
前方に駐車中の車のように(見にくいけど)、富山ナンバーの
山菜採りの車が所々に路肩駐車している。



【有峰湖湖畔沿いにて】
2018060210230000.jpg



【有峰湖展望台より】
2018060210330000.jpg
ここまで来る間に[熊に注意]の立て看板がいくつもあった。



さて、有峰湖展望台から、路肩ブロックを突き破れば谷底に

真っ逆さまというよーな坂道を下って、一路立山町の称名滝へ

【拝借画像デス】
03c6acae5f11d34f25b182b55e107843.jpg
この画像では奥から手前に向かって下って走る。運転席からは
谷底は深くて見えんかった。それにしても頼りなく高さの無い路肩の
コンクリートブロック・・・。オートバイでミスったら完全に飛び出しますねぇ。



称名滝へ向かう途中から悪城の壁が望める。

【悪城の壁(あくしろ の かべ)/画像と説明文は拝借】
Dsc_0107_m.jpg
[古立山火山の噴出で形成された溶岩台地(弥陀ヶ原)を氷河と称名川の
浸食作用によって10万年の歳月を掛けて造られたと考えられています。
「悪城の壁」全体が、溶結凝灰岩で出来ており横方向2キロメートル・
高さ500メートル
もあります。一枚岩の大断崖としては日本一]




【もうすぐ称名滝に】
2018060211320000.jpg
車中から称名滝とハンノキ滝が見えてきた。



そして称名滝の無料駐車場に到着。

駐車場代も称名滝の見学料も要らないのがタイヘンイイ

ここより約1.4キロほどを歩いて称名滝へ向かいます。



【称名滝への道】
2018060212460000.jpg
この道は、一般車両や自転車は乗り入れ不可でアクセスは歩きのみ。
前方の滝は称名滝やハンノキ滝ではありません。



【道中で見た、埋め込まれたプレート】
2018060212410000.jpg



【悪城の壁】
2018060212300000_201806032137324ad.jpg



【近づいてキタ
2018060212470000.jpg




【真ん中は落差500mのハンノキ滝】
2018060212380000.jpg
称名滝の全容は まだ見えませんが、ハンノキ滝以外にも滝が。


暑い天候だったが、この滝の200mほど手前より滝からの
天然ミストで気持ちヨカッタ。


駐車場から約1.4キロをブラブラ25分程歩いて到着



【左は落差350m称名滝。右はハンノキ滝】
2018060212160000.jpg



【称名滝とハンノキ滝②】
2018060212240000_2018060321474103b.jpg
7月頃までしか見られないハンノキ滝。


称名滝とハンノキ滝以外にも、落差が大きい滝があと2本も
あるなんて、現地に足を運ばないと分からんもんですね。

あと、歩いているうちに、奥サンの車酔いも治ったみたいだ。。。



次に向かうは、射水市へ。



2018060214540001.jpg


【海王丸パーク】
2018060214570000.jpg
船内も見学した(有料)



【高岡市のホテルのツインルーム】
2018060307540001.jpg
部屋に備え付けのマッサージ器で運転疲れを。



夕食は高岡駅前で外食

以前、富山市や高岡市の郊外には出張で訪れたことがあったが、
高岡駅前は初めて。けっこう飲み屋多いな。いかがわしそーな店も。


6月2日の走行距離 407㎞(内、一般道は191㎞) 



6月3日(日)

高岡大仏や瑞龍寺はパスし、ホテル出発後は国道8号線を

金沢東まで走り、そこからは 福井北までは北陸自動車道を利用し、

初めて訪れる曹洞宗の本山である永平寺へ

【永平寺への参道】
2018060310560000.jpg

【永平寺の入り口】
2018060311000000.jpg
拝観料は二人で千円だった。

【ダルマ絵】
2018060311130000.jpg

すれ違う僧侶は、本願寺の僧侶とえらい違うなぁ。。。


昼食は参道にあるソバ店で。


福井I・Cから高速に乗り、早めの15時過ぎに帰着。


 
【走行図】
201806.png



 養老乃瀧へは何回も行ったことがあったが(居酒屋デス

 記憶にある滝を列記してみると、華厳の滝(日光市/過去2回行った)・

 竜頭の滝(日光市)・オシンコシンの滝(知床半島)・白糸の滝(静岡県

 富士宮市)・那智の滝 等、これまでに見た滝の中でも今回の滝は

 一番良かった (単に最新の記憶だからか

 それに、落差のある滝を4本も見られるとは思ってもいなかった。

 P.S 山道ドライブは やっぱ一人がええな。。。


<総費用>
宿泊費       12,800円(2名分/朝食付き 2名)
高速料金       7,780円(ETC料金)
有峰林道       1,900円(現金払い)
ガソリン代      9,771 円  701㎞(62.0L : 燃費11.3㎞/L)
                      [内、一般道は260㎞]
その他       約5,800 円
合 計     約 38,000 円(食事代や土産代の奥サン支払い分を除く) 
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4548:良い旅でしたね by 向かい側 on 2018/06/05 at 08:34:32

旅レポ、いい気分で楽しまさせて頂きました。
奥様と二人で見る景色は格別(◎)でしたでしょうね。
次回は是非「紅葉の季節」も
しかし、二日で700㌔は疲れるでしょうね。
いろんな意味でも・・・・

4549:向かい側さんへ by リュウ on 2018/06/05 at 12:51:17 (コメント編集)

向かい側さんのほーは どーした?
高地トレーニング?もされたということは、2日目の
土曜日は天気良かったみたいですね。
写真見ましたら、なんと広そ~な部屋やこと、
ワイらの宿泊したビジネスホテルとは大違い。。。

紅葉や新緑の季節に、もっと足を延ばして東北方面に
行ってみたいもんです。その時も山岳ドライブになるやろし
もちろん一人でw

4550:向かい側さんへ by リュウ on 2018/06/05 at 13:23:41 (コメント編集)

コメント返信の1行目は「どーした?」ではなく
「どーでした?」でした(ペコリ)

▼このエントリーにコメントを残す