fc2ブログ
RSS

本堂の修繕

8、9月の台風20、21号で漆喰壁の剥落や、

白アリに喰われた縁板を大工さんに直してもらった。

いずれも雨がかからない軒下の箇所で、屋根瓦からの

雨漏れなどと比べ、応急措置を要することではないものの、

今夏の台風被害で職人さんは今も忙しいようだ。

2018111308300001.jpg


【before(本堂の東側壁面の漆喰壁剥落】
2018082408000001.jpg
8月末の台風20号によって、漆喰壁の一部が剥落した。



【after/本堂の東側壁面(張り替え中)】
2018111308290000.jpg
前と同じように漆喰壁にするよりも、杉板を張るほーが
良かろうと。。。


【before/茶所の漆喰壁剥落】
2018090509260002.jpg
9月初めの台風21号によって、漆喰壁の一部が剥落した。


【after/張り替え中】
2018111308300000.jpg
こちらも漆喰壁はヤメて、杉板に。。。



【白アリに喰われた本堂の縁】
2018111310100000.jpg
先に白アリ駆除はやってもらった。


【白アリに喰われた縁板の裏】
2018111310280000.jpg


【縁板張り替え】
2018111415350001.jpg
縁板を前のよーに2枚張るよりも、3枚張りのほーが板の値が安いので。。。

色が違い過ぎるので、このあと塗料を塗るか、あるいは

このままで良しとするのか思案中。。。




<むかしの人の節約術>

新しい縁板はポンポンと張り付けたらエエだけと

大工さんも皆も思っていた。

ところが、白アリに喰われた縁板を取り外すと・・・・。


昔の人は木材を節約するために、手前の見える部分は

縁板の厚みがあり、奥にいくほど薄くなっていた( 下図の一番上)

で、加工が必要となった(下図の真ん中)


【デフォルメした縁板の断面図】
2018111415200000.jpg
斜めに製材することにより  斜線の部分の木材を節約することができる。

手間ひま掛かるけど(昔は手引きやったかと)、いろんなことを

考えてたんやろなぁ。

比率で縁板の厚みを譬えると、手前の見える箇所が100とすると

奥は45くらいだった。。。

立派な寺院では、金銭を惜しまずに均一の板の厚みかも知れませんねぇ。。。



【 運 動 内 容 】


 11月12日・13日 ―
本堂修繕で大工さんに付き合っていたら
暗くなってき、休足・・・。


 11月14日(水) スロージョグ
     ~烏丸半島~
  6.6キロ 47分07秒(7'08”/k)

ヒンヤリとした日だったが、半袖Tシャツとハーフパンツスタイル。

相変わらず右脚が弾まぬが、ラストの数百メートルだけ

凹凸の砂利道が自転車道 として舗装されたので飛ばしてみた。

2018111413340000.jpg

工事完了は今月末、と看板に書いてあるが、今日も工事休み。。。
なんで一気に せーへんのやろか。


11月の走行距離/走行回数            43.8キロ/ 6回(平均 7.3キロ/回) 
その他  11月の運動     ウォーキング 12.9キロ/ 2回(平均 6.4キロ/回)
                        自転車 61.19キロ/2回 ・ 三上山 1回
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す