FC2ブログ
RSS

どっちが濡れるのか?

昨日7/18、野洲市でシンポジウムがあり、

その受付係として出席した。

昼前はまだポツポツ雨だったが、帰る16時頃はジャジャ降り。

傘をクルマに置いてきたので、駐車場所まで(100m弱)は、

濡れねばならぬ。。。

『走ったほーが濡れが少ない』と雑学で見知ったよーな

覚えもあるが、ホンマに そーやろか。




帰宅後、『走るのと歩くのでは、どっちが濡れないのか?』

とネット検索。

『ゆっくり歩くほうが濡れない』というのもあるし、難解な計算を用いて

走るほーが濡れが少ないが、ある速度以上になると濡れ具合が

同じになる、というのも。

実験結果もなく、あーだこーだと言うのも説得力がないなぁ。。。




こんなのは簡単に証明できますがな??

体格が同じくらいである双子タレントであるマナカナに

登場してもらい、上下同じ衣服で雨の中を走るマナ、歩くカナ。

中長距離ならば、片や走るマナは汗が出るので距離は

両者とも100mで。

そんで、直ぐに脱いでもらって服だけの重さを計測!

重いほーがより雨に濡れたってことで一発解決ちゃうの?

まぁ、どーでもええアホな事を書いてますな。。。




さて、ワイはどーしたのか

って、ことが書いてませんね。

濡れながら歩いて駐車場所まで戻りました。。。


これには考えがあってのことです。

ここ最近のジョグ中に2回コケたこともあり、ヘタに走って

再びコケて怪我でもしたらかなん。(この時は道路にけっこう雨水が

流れており、なおさら用心のため)

それに、たとえ走ったほーが濡れが少ないとしても、ズボンの裾に

ハネが上がるし。。。。




そー言えば、ズボンスタイルで走った場合、降る雨ばかりを気にかけ、

ズボンの裾がより濡れることまでは誰も考慮してませんよね? 


転倒・事故防止、そして大の男がチョコマカ走る姿よりも英国紳士の

よーに?? 雨の中を傘を持たず襟を立てて颯爽と歩くほーが粋 w

(コート着てないけど) ということで??、今までから傘がない時は

危険を避けるため、走るよりも早足で歩くことが多かったのです。

以上、しょーないブログ内容でした。。。



【 運 動 内 容 】


 7月17日(水) 自転車
    南湖の東岸往復 (~瀬田唐橋~近江大橋~烏丸半島~)
 35.17キロ チャリ 1時間30分25秒(23.3k/h)
           実質:1時間42分(信号ストップ・休憩を含んで)

16:40スタート。 夜にお参りがあったので手ごろなコースを。。。


 7月18日(木) ―


 7月19日(金) 1時間ジョグ
      市民公園コース
 7.8キロ ジョグ 1時間01′21"(7′52"/k)

雨雲レーダー予測通り、夕方から小雨が降ってきた。
今の時期、もうチョイ本格的に降ったほうが走りやすいかも
知れないが、相変わらずのトロさのため関係ないっか。



7月の走行距離/走行回数           39.7キロ/ 5回(平均 7.9キロ/回) 
その他  7月の運動    ウォーキング  38.1キロ/ 6回(平均 6.3キロ/回)  
                  自 転 車  約154.4キロ/ 5回(平均30.8キロ/回)

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す