fc2ブログ
RSS

77年前には

なにを書いてええのやら、ウクライナ情勢を見るにつれ

ノー天気なことは書けない。幼子を連れて退避する

様子や一般市民が暮らすアパートや学校への攻撃など

いたたまれないことばかり。

東日本大震災直後と似たような気持ちだ。


居住している田舎町でもその昔、米軍機による

機銃掃射があり、死傷者が出た話しを戦没者

追悼法要時おりに聞いたり読んだこともある。

そのような事が現在でも日に何度も繰り返されるなんて。



<守山空襲を想う>守山市遺族会会長 山川 芳志郎 氏


『昭和20年7月30日は朝から蒸し暑い日でした。その日の午後

4時すぎの出来事です 。空襲警報発令を知らせるサイレンが

けたたたましく鳴りました。家には私と祖母の2人がいました。

祖母は私の手を引いてすぐに防空壕に入りました。

戦時中はどの家庭でも家族4~5名が入れる防空壕が作って

ありました。入ってしばらくすると、物凄い音をたてて飛行機が

来ます。プロペラ飛行機で低空飛行をしているものですから

一層音が大きいのです。


私の家はJR琵琶湖線沿いにあります。当時、線路の周りには

高いといえば神社や寺にある木々くらいです。飛行機はずいぶん

低空飛行をしていたのだと思います。


私は音があまりにもうるさいので防空壕の外へ出て見上げると、

飛行機の操縦席にいる皮のヘルメットをかぶった兵士の姿が

見えました。「ウルサイ!」などと怒鳴りましたが届くはずが

ありません。飛行機はそのまま守山駅の方向に飛んで行きました。

私は、何事もなかったので家の中に入りました。


 1時間ほど経った頃でしょうか、近所のおばさんたちが

我が家の庭に集まってきて、守山駅が空襲を受け、大きな

被害が出てたいへんな騒ぎになっていることを話しておられました。


 この日、守山はアメリカの空母ハンコックから発進した

グラマン4機によって空襲を受けました。4機は守山駅を発車

直後の列車を攻撃し、駅に向けて機銃掃射を浴びせました。

この一瞬の出来事で列車の乗客や駅周辺の人々が犠牲と

なりました。その数は確認されているだけで死者11名、

負傷者22名といわれています。1輛目から4輛目に兵隊さんが

乗車されており、その車輌が狙われたといわれています。

 今思えば、平和で豊かなこの守山でこんなむごいことが

起こったとは想像すらできません。  (以下、後略) 』



この先、ウクライナはもとより世界は日本は どうなるの

だろう? 今はこれ以上死傷者や破壊行為が

ないよう願うことしか自分にはできない。



 【 運 動 内 容 】


 3月 7日(月) プチジョグとプチ歩き
    川沿い~農道~
 2.5キロ プチジョグ  16分12秒(6'29"/k)
 1.1キロ プチ歩き   11分(6.0k/h)
8日ぶりの運動。その間、運動を全くしてなかったので
シンドイし右爪先をよく擦り、短めでヤメて歩いて帰る。
先日に出会った知人も前立腺ガンで2週間入院し、
退院直後は階段を上るのさえシンドかったと。脚の衰える
スピードは加齢とともに何もしないと恐ろしいほど早いな。。。


 3月 8日(火) ウォーキング
    川沿い~農道~
 5.3キロ 歩き 47分(6.8k/h)
途中で足に刺激を入れるため、速く3回走る。
と言っても、3回合わせても400mほど。。。


 3月 9日(水) ジョグ
   川沿い~農道~
 4.1キロ ジョグ  25分25秒(6'12"/k)
一昨日よりも距離を延ばせたので、まっヨシ。


 3月の走行距離/走行回数           6.6キロ/ 2回(平均 3.3キロ/回) 
 3月のその他運動    ウォーキング     6.4キロ/ 2回(平均 3.2キロ/回)
      
 
     3月の合計距離 :   13.0キロ
     3月の運動日数 :    3日 ・ 筋トレ日数:  0日
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す