fc2ブログ
RSS

遠い昔話し

ウトロでの観光船遭難事故で遠い昔を

思い出す。

以下、長文なのでお暇なら。。。

 45年も前の話しです)



ウトロは訪れたことがある。

でも、冷たい雨降りがずっと続いた記憶しかない。

当時の日記を久々に引っ張り出して読んでみた。


北海道地図


『フロントバック一つ(他のサイドバック等の荷物は

網走市北浜のYHに預けた)で知床に向かうが、5kmも

走らないうちに雨、云々』などと書いているが、ウトロでの

ことは触れてなく、それも訪れた2日後にしたためている。

多分「こんな雨降りの中、知床五湖へ行っても人気が

なく、ヒグマに遭遇する可能性大」と考えたのだろう。

(白老町のポロト湖を周る時でさえ、ビビってたぐらい)

知床五湖までは足を伸ばさずにウトロの知床YHへ

直行し宿泊した。


当時から半島巡りの船があったのかも知れないが、

就航していたところで金銭節約のため乗船して

なかったかと。



船には怖い思い出がある。

以下、青文字は当時の日記より抜粋。


海がすごく荒れていて始めから酔いそう。

港を出て30分ぐらいたったろうか、心臓が

ドキンとなり寿命が縮まってしまった。

船がものすごく傾いたのだ。

思わず転ぷくすると思った。

(あまりの揺れでトイレで吐いた気がする)

こんなシケのため(フェリーは)室蘭に

引き返し、夜フェリーの中でもう一人の

ちゃりんこと2人でシュラフで寝る』
(一つの

シュラフにではない)


この時は船内のカーペット敷きの2等客室の床で

寝ころんでいても、海面が見えるほどのローリングを

したことや、室蘭に引き返す船内アナウンスが流れた

時は、ホッと安堵したことを覚えている。



今日、気象庁HPで当日の室蘭の最大瞬間風速を

見ると20.7M。海上ではもっと強かったのだろう。




記憶違いは、その後フェリーターミナルで一晩

過ごしたと思っていたが、停泊中のフェリー船内で

寝たと書いている。

蛇足ながら、翌日は室蘭市内の自転車店で、

折れたスポークを直してもらい、長時間の暇

つぶし後、再び乗船し、15:50出港 → 

23:20青森着。青森駅前のベンチで寝た、と。



荒れた海、さらに外洋は怖い。

今回の観光船事故時の水温は非常に低く、

海に放り出されれば命がそう長く持たない

という。水温だけではなく、救命胴衣

着用でもあの絶壁は上がれないし、荒波で

岩場に何度も身体を打ちつけられたら…。

運良く陸地にたどり着けてもヒグマの生息地、

またずぶ濡れの衣服で低体温症で…と素人が

思い付くだけでもこの海域での危険性が

多々ある。

いずれにせよ、今後の観光船事業に打撃と

救助までに要する時間等、多くの課題を与えた。



現在の天気予報はかなり正確に当たるように

なった。(12時間や24時間先までは、、、)

ウン十年前の荒天により引き返した時の頃とは

観測精度が数段進歩し、そして19トンの小船と

数千トンの船とは比較にならないが、あの時

引き返したことは、これ以上進むことは危険と

船長が的確な判断を下したのだろう。

同時に、『始めから(乗船直後から)酔いそう』

なんてことを日記に書いてるぐらいから、外洋に

出れば大シケが予想されること必然やのに、何で

出航したのやろ、と今改めて思う。



 【 運 動 内 容 】


 4月30日(土) ウォーキング
   ~川沿いの小径~立命館裏手~農道
 5.8キロ 歩 き 61分(5.7k/h)
100キロ超えの帳尻合わせウォーキング。


 4月の走行距離/走行回数          20.6キロ/ 5回(平均 4.1キロ/回) 
 4月のその他運動    ウォーキング    73.9キロ/14回(平均 5.2キロ/回)
     〃       天山         2.5キロ 
     〃       三上山        4.4キロ      
     〃       自転車      104.4キロ/ 3回(平均 34.8キロ/回)      

 
     4月の合計距離 :  101.4キロ(自転車を除く)
     4月の運動日数 :   22日 


 5月 1日(日) 未 定  ウォーキング
   ~農道~
 5.5キロ 歩 き 62分(5.3k/h)
途中でモモ上げ歩きなんぞをしながら1時間目安で。 


 5月の走行距離/走行回数          0.0キロ/ 0回(平均 0.0キロ/回) 
 5月のその他運動    ウォーキング    5.5キロ/ 1回(平均 5.5キロ/回)

 
     5月の合計距離 :    5.5キロ
     5月の運動日数 :    1日 
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4841: by タケヘイ on 2022/05/11 at 06:29:58

いい旅されていますね。私も若い時は何度も北海道に通った口ではありますが、ウトロの方には行った事はありません。(反対側の羅臼には滞在した事はありますが)いつかはウトロとかカムイワッカの滝でしたっけ?そういうところも行きたいなぁと思っていたので、今回の事件は驚いております。もし私もウトロに行っていたら絶対に船は乗ると思いますので。。船ではありませんが私も2年ほど前、飛行機乗っているときに釧路空港が悪天候のため急遽千歳空港に到着時が変更になったことがありました。勘弁してよーと思いましたが、やはり事故があってからでは遅いのでこれはキャプテンの適切な判断だったのだろうと、今になっても思ったりもします。しかしに2等船室とは懐かしいです。いろいろ同じ部屋の人とコミュニケーションがありお菓子もらったり楽しく話したりと良い思い出があります。。

4842:タケヘイさんへ by リュウ on 2022/05/11 at 15:08:50 (コメント編集)

北海道~東北はまた行きたいですね。
ウトロの街までしか行ってなかったので、
カムイワッカの滝は訪れてませんが、ウトロの手前
にあるオシンコシンの滝は見たことが
ありました。(国道沿いでしたから)

本文中で〝2等客室〟と書いたけど、正確には
客室ではなくて大きな桟敷のよーなところですw
鹿児島↔那覇もそのよーなところで24時間乗船
は長かったです。それでも往路では途中で寄港した
与論島で、九州のYHでいっしょだった女の子2人組が
乗船してきて気がまぐれました。その後、那覇港に
着いた後、どこにも宿予約してなかったので、
その2人組の尻を付いて行き、那覇YHに泊まりましたw
1人旅は色んな人から親切にしていただき、
楽しい思い出一杯でした。

▼このエントリーにコメントを残す