fc2ブログ
RSS

3番に入った

学区の仏教会の会合が12/16にあった。

今までは会合のあと忘年会だったが、

コロナ禍になって今年も飲食は無い。


今回の会合では、某寺院が2名で出席した。

住職を譲ったということで、新住職と

いっしょに出席し、冒頭に挨拶をされた。

引き続き、ワイも入院見舞いを頂いたことと

脳梗塞の経緯を簡単を話した。


帰宅後、ハタッと。

これで学区の寺院13ヶ寺(本願寺派寺院と

真宗大谷派寺院/本山は東本願寺)の住職の

中で、上から数えて3番目の歳となった。。。

えぇー、ちゃんとそんな歳になってもたんかいな。

60歳過ぎで亡くなられたり、60代後半で早めに

住職を譲られたりすると、必然的に会の中で年長と

なっていくわ…。


【築地本願寺】
20221217140846c1d.jpg
「築地本願寺」は、東京都中央区に位置する、京都の
西本願寺を本山とした浄土真宗本願寺派の寺院です。
インドと浄土真宗の建築様式を併せ持つ築地本願寺は、 
日本中探しても稀有な建物とされています(引用文)



一方、本願寺が発行している宗報の敬弔欄を見ていると、

80歳代後半や90歳代で肩書が前住職ではなく

〝住職〟の方が亡くなっているのをよく見かける。

後継者がいないのか、いつまでも譲らず名だけの

住職? それとも現役でバリバリだったのか?

ちなみにウチの場合は、父親がたしか75歳の

時に譲った。

全国に本願寺派寺院が1万ヶ寺もあると、色んな

ケースがあるのやろーな。。。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す