fc2ブログ
RSS

2023年 托鉢

1年前から提案していたことを、学区の

仏教会の三役が作成してくれた。

(言うだけなので、気楽な立場ですw)


それは、事前に托鉢の告知を行う、あるいは

托鉢時に学区仏教会の活動内容等を

印刷して配布する、ということを。

(今回は前者のほうが出来上がった)


今まで托鉢の告知に関しては、ポスター

掲示や有線電話での放送等だけだった。


それらに加えて、今年からは新たに作って

くれたハガキ大のサイズ紙を、事前に

各家へポスティングすることになった。



【托鉢告知ハガキ/表面】
2023021314460715d.jpg
表面はポスターの縮小版。



【托鉢告知ハガキ/裏面】
202302131446070a1.jpg

この告知ハガキは今回初めての試みなので、

内容は回を重ねる毎に、より良くしていけばイイ。

托鉢での浄財や追悼法要等で頂く懇志を

どのような活動で遣うかを目に見える形で

明記したかったのがワイなりの考えで、

その第一弾として作ってくれた。



本来、浄土真宗では托鉢をしません。

ただ、所属する学区の仏教会の宗派は浄土

真宗寺院だけだが、市仏教会の他所の

学区仏教会には托鉢を行う宗派の寺院も

所属しているし、何よりも托鉢での

浄財収入は大いに有り難し。


ある時、托鉢について他の市の住職と

話していたら、某学区仏教会(21ヶ寺が所属)の

托鉢浄財は、100万になると聞いて驚いた

ことがあった。

(所属している学区仏教会13ヶ寺での

浄財額はその半分弱)



浄財や懇志等の収入は上手く活かして使うに

越したことはない。

会の長をやっていた頃、何に使われるか分から

ない市への寄付金をそれまでの1/3額に減らした。

代わりに地元小学校への新1年生へのお祝い品や

その1年生学級に鉛筆削り機を贈ることにした。


そのよーにして小学校との繋がりをつくった

4年後、ヤリ手の住職が会長に就いた時、

コロナが始まった。


【2020年6月の朝日新聞 滋賀版】
20230213144607d2a.jpg

その会長(上写真)は、小学校へ5Lボトル×15個、

こども園には5Lボトル×5個の計100Lの

アルコール消毒液
と詰め替え用ボトルを学区

仏教会から寄贈するようにした。

そして、いくつかの新聞社を呼び、本山での

立場を活かしてw 本願寺新報にも掲載させ、

学区の仏教会と自身もアピールw


そんなこんなで、市内7つの仏教会がある中で、

1番活発な活動をしていると思う。



【2/12の托鉢での歩数と距離】
20230213144607a3b.png
玄関先で足踏みしてるので??距離や
歩速はもうちょっと少ないかと。

コロナ禍前はもう1地区も回って
いたのでもっと歩き、この三年間は
昼過ぎで終わるので楽になった。。。



 【 運 動 内 容 】


 2/10・11(金・土) ―


 2/12(日) 托鉢ウォーキング
  ~町内と団地~ 
 約6.8キロ 歩き 約3時間30分


 2/13(月) ―
 


 2月の走行距離/走行回数         10.20キロ/2回(平均 5.1キロ/回) 
 2月のその他運動    ウォーキング   8.7キロ/ 2回(平均 4.3キロ/回) 
    同  上     托鉢ウォーキング 約6.8キロ/ 1回     
       
     2月の合計距離 :   約25.70キロ
     2月の運動日数 :    5日 
  
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す