fc2ブログ
RSS

日本一周・三陸海岸

この大震災で甚大な被害があった東北の太平洋側。

復興には長い歳月を要すると思うと心が痛みますが、

この地域を以前一度だけ訪れたことがあります。

そして忘れかけていた30数年前の日記を思い出し、ひも解きました。

三陸海岸を自転車で走った当時の日記を読み返しているうちに、
ここには書き綴ってはいない様々なことを思い出してきました。

【当時YHでよく歌われていました】

【出発の時】
日本1周 001
本堂前にて親父が2眼レフカメラで。

日記をアップすればよいのだが、走り書きなので読めません・・。
原文のままで( )は補足

4月25日 月 雨
朝、目がさめてみると外は雨のしたたる音。
<中略>
連泊(松島YH)の決心をし、10時に のびる駅から石巻まで
電車に乗りヒマをつぶす。(石巻で映画を観ました)
                                 0km
4月26日 火 晴
松島YHを早めの8時に出たが、向かい風が強く今日1日風と
暑い天候になやまされた。
新北上川にそって走っている45号線は左手に緑に染まる山肌が望める。
石巻~津山は、まだしも良かったがそれからはただ走ったという感じ。
                 (岩手県陸前高田市YH泊) 約123km
4月27日 水 晴
YHを8:10に出発して、市内を少し出ると同時に登り坂。
通岡峠を越え大船渡に入る。
昼過ぎに今日の中間地点の釜石市に入る。
釜石市までのコースは本当にUPDOWNの連続!
陸前高田から7時間で宮古市内に入ったが、YHに直行しないで
浄土ヶ浜に行った。
浄土ヶ浜でコーラを飲みながら、初めて食べるホタテ貝を無料で
食わせてもらう。180円也。
ついでに焼イカも食べたかったなあ。
女の人からタダでもらったのだ。
ベンチに座り1時間ほどダベりながら過ごす。
YH末広館(岩手県宮古市) 4:50着      約123km
4月28日 木
雨。ここは連泊するのに適してなくて、市内(宮古市)の
木村YHに泊まる。
                     0.5km
4月29日
これまでのうちでもっとも印象に残るハードな1日であった。
6時に木村YHを出、R45のUPDOWNのきつい海岸線を
ただひたすらに北上し、6:20に川要グリーンYHに(青森県下田町)
着いた時には足も身体全体がフラフラ。
なにも楽しくない一日であった。
                  過去最高の173km
4月30日
朝の6:30からこれまた結構なラジオ体操。
そして昨日YHに午後にTEL予約したということで便所そうじ。
このYHを8:05にたち、野辺地からR279にはいり
向かい風の中を むつの下北YH(青森県むつ市)に。
                   3:40着  約100km
5月1日 
下北YH7:30発
ここまで来たのだから恐山に1時間少し(自転車で)かけて登る。
そしてまた、むつに引き返してまたまた向かい風の中を
大間崎YH(青森県大間町)に向かう。            
                 約81km
5月2日 
7:30発の東日本フェリーに。
昨日YHでいっしょだった和歌山勝浦の女の子と共に乗り込む。
24才ということだが、まだ20才ぐらいにしかみえず
カワイイコであった。 <後略>


その後、北海道の外周を一回りして再度北海道の中を縦断し、
阿寒湖のホテルでアルバイト。
【アルバイト先のホテルの厨房にて(ほおづえしてるのがワイ)】
日本1周 002
右隣りNさんも同じく日本1周をしていて偶然にも同郷。
今も年賀状だけはやり取りしています。


【 練 習 内 容 】

3月29日(火) スロージョグ~ジョグ

      守山市民公園コース
11.2キロ 1時間3分55秒(5分42秒/k)
スロージョグで最後まで通そうと思っていたが、
徐々にペースが珍しく自然と上がり、ラストの4kは
k5分で走れたが、それ以上は脚が重くて伸びず。

3月30日(水) 変速走
      守山市民公園コース
2.8キロ ジョグ(5分38秒/k)
     ストレッチ
3.3キロ グランド6周 遅-速の繰り返し
     WS100m×3本
3.1キロ ジョグ(4分59秒/k)
9.2キロ 合計 49分31秒(5分23秒/k)
帰路でやっと呼吸と脚が整う。

3月31日(木) ―

今月の走行  262.0キロ 
今月のラン日数 21日(1回当り平均 12.5キロ)      
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1138:No title by yama on 2011/03/30 at 21:40:52 (コメント編集)

まさに青春時代ですね。

気の向くままの自転車旅、うらやましい。
もうこの年になると家庭も仕事もありそういうことはできませんが
それでも憧れます。

ところで5月2日の<後略>の内容が気になります・・。(笑)

1140:No title by リュウ on 2011/03/30 at 22:33:24

yamaさんへ

今、当時よくYHで歌われていた『旅の終り』を追加アップしました。
おー、懐かしい、ワイには涙が出そうです。
今となっては叶いませんが、もう一度こんなことをしてみたいですね。

やっぱりそこを突かれましたね(笑)
北海道のYHでワイを捜していたことを人づてに聞きましたが、
その後二度と会うことなく・・・。
勝浦の旅館の娘、と言ってましたので、継いでいたら今頃は
大女将さんですね。名前も聞かずほんまに残念!

1141:No title by taketon on 2011/03/31 at 05:31:54

お~青春させてたんですね~
私はオートバイで北海道中心にウロウロ
してました。
ユースはあのノリが窮屈に思えてあまり
好きではなく、あげくの果てに道北のユースで出発時間で
ペアレントとモメて(?)以来行かなくなりました(汗)
でもまあその甲斐(?)あってテント泊の楽しさも
知ったのでまあよかったかなと・・
(後略)のお話、いいですね~
私もキャンプ場でソロのお姉さんと
語り合ったりしてた思い出がありますわ~
(お話だけですよ~(笑)リュウさんは存じませんが・・(爆))

1142:No title by リュウ on 2011/03/31 at 17:49:34

taketonさんへ

羨ましいですね~、オートバイでのツーリング!
ヒグマが怖くて、記憶では北海道で野宿は2回しか しなかった
臆病者です・・・。
よかったですねー北海道は!とくに道東をもう一度訪れたいもの
ですが、その時は別海町マラソン参加と兼ねられれば言うことなし、です。

YHはこのとき以外も併せて100泊以上はしたと思いますが、やっぱり
チェックイン時にペアレントともめて、誰がこんなとこ泊まってやるか!
と蹴飛ばした処が2箇所ありましたが、懲りずに独身のときは
泊まり歩いていました。
そんな風にウロチョロと遊んでましたので、旅先でお話し以上に
発展したのはですねえv-291
ええっと、あり・・・・・・・
ます。そのうちの一つは今の奥サンで。
あれ~、へんなこと書いてしもたがな(大汗)

▼このエントリーにコメントを残す