fc2ブログ
RSS

エリート大会からファミリー大会まで

数あるマラソン大会の中で、国内最高峰の大会(そー個人的には思っている)である

びわ湖毎日マラソンの招待選手一覧が、2/14の新聞に掲載されていました。

出場資格は、

①マラソン  2時間30分00秒以内  ②ハーフマラソン  1時間10分00秒以内
③30㎞    1時間40分00秒以内  ④20㎞         1時間05分00秒以内
⑤10000m     31分00秒以内

昨年の完走平均タイムは2時間26分と、国内大会のうちでもっとも

出場者のレベルが高い(ちなみに、福岡国際Mは2時間36分)

140215 001

今年の招待選手16名のうち、サブテンランナー(2時間10分以内)が8名、

その中で5分台が2名。

やはり今年の注目ランナーは、公務員ランナーの川内優輝選手だろう。

大津まで見に行ったとしても、目の前をあっという間に通り過ぎて行くだろうし、

テレビ観戦が一番かも知れませんが、当日は篠山マラソン行きです


本日の朝刊といっしょに、野洲川健康ファミリーマラソンの参加者募集チラシが

入っていました。それを見るまで、ファミリーマラソンの事はすっかり忘れてました。

3月9日(日)開催。

手帳を見ると予定入り・・・。

昨年同様、不義理をすれば参加可能ですが、別にいま決める必要はないのです。

なんせ、大会受付票と参加料の300円握りしめて、出場する場合は当日行けば

イイだけの事ですから。

  『第31回 野洲川健康ファミリーマラソン』 

最長部門は7㎞の部になりますが、なんで距離にかかわらず何でもかんでも

〝マラソン〟と言うのでしょーかね。

正確にはロードレースなんでしょうが、この名称だとガチレースの感じが

しないでもありませんけど。

〝校内マラソン大会〟改め ⇒〝校内ロードレース〟・・・やっぱしなんかヘンか。

細かいことゆーたら、公道を走らずに校庭内だけを周回で走る場合でも、

それでロードレースはやっぱしオカシイか。。。

ま、〝マラソン大会〟の名称のほーが通りやすいし、言いたければ42.195㎞は

フルマラソンとゆーたらええし、距離にかかわらずこれでヨシとしましょー。

【 練 習 内 容 】

2月15日(土) ―


篠山マラソンのナンバーカード引換票が今日届きました

スタートブロックは、A~Dまである中でAブロックです。

昨年は最後尾スタートして、スタートロスタイムは11分40秒でしたが、

今年は予定通りAブロックからスタートするつもりです。

ただ、鈍足なもんで皆さんに遠慮してAブロックの後ろに並ぶつもりです。

仮設トイレに近いし~

2月の走行/走行回数  106.2キロ/ 7回
今年の走行/走行回数 408.6キロ/29回 (平均 14.0キロ/回)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3304:陸上経験無しでびわ湖毎日 by 向かい側 on 2014/02/17 at 16:55:50

私が遊んでいただいている「びわこランナーズ」にも参加している
磯野裕路くん、旅行で参加したホノルルマラソン以来マラソンに目覚め
5年間ほどでついにエリートランナーになりました。大学まで
ピアノ一筋だったとか、努力していましたね。
もう一人、片田堅くん彼も陸上経験無し、お母さんはノルディクの選手
社会人になってから始めたとか一昨年の記録2時間27分42秒
大津市民のふたり片田くん今年も走ります期待してください
そういえば東レの霞君この頃見かけないな、どうしているのか
昨日聞けばよかった。

3305:向かい側さんへ by リュウ on 2014/02/17 at 21:04:41 (コメント編集)

さすが向かい側さん、お顔が広い!
その事は、2011年12月の守山ハーフが終わって、競技場内を
向かい側さんと一緒に歩いている時に実感しました。
すれ違うランナーらしき人らが、揃って向かい側さんに
最敬礼してましたから。
もとい、挨拶されてましたから。。。

走り始めて5年でびわ湖Mに出られるほどの走力ですか!
人知れぬ努力があった事とは思いますが、素質もきっとあったんでしょうね。
走り始めて今春で丸7年、一向に目が出まへん・・・。
こーゆー者は この先どーしたらええのでしょーか?
「知らんがな!」 ごもっともです(苦笑)

▼このエントリーにコメントを残す