fc2ブログ
RSS

筋トレ・ストレッチ再開

ヒザに効果あるのか? と疑問が湧いて、昨年10月以降止めて

しまった片足上げ。

そして同時にその他のストレッチと筋トレも止めた。

しかし、今まで以上に右ヒザ周りの筋力低下を感ずるので、2/1より再開。

いきなり以前と同じ回数をこなすのはシンドイさかい、腕立て伏せと

片足上げは回数を減らして再開。



<2/1 筋トレ内容>

◎ 腹筋 50回×1

◎ ギックリ腰予防のストレッチ

◎ 腕立て伏せ 50回×3

◎ 片足上げ 右400×2 左400×1



片足上げがいちばん時間かかり、これがメンドクサイのだ。

これを毎日の日課と課すと、絶対に途中で投げ出してしまうので

以前同様に土・日・祝は休みとします。


【 練 習 内 容 】

 2月 1日(月) 超スロージョグ
      烏丸半島コース
 2.1キロ アップ(7分50秒/k)
     ストレッチ
 8.4キロ 超スロージョグ(8分37秒/k)
10.5キロ 合計 1時間28分47秒(8分27秒/k)
大不調でゆっくりと走る。


 2月 2日(火) スロージョグ⇒超スロージョグ
      烏丸半島コース
 2.1キロ アップ(6分49秒/k)
     ストレッチ
 4.8キロ スロージョグ(6分51秒/k)
 3.3キロ 超スロージョグ(8分08秒/k)
10.2キロ 合計 1時間14分03秒(7分16秒/k)
昨日よりはマシ。しかし、右脚運びがおかしいので左脚の脹脛に負担がかかり、
途中から軽い肉離れを起こしていそうな痛み。
走り終わって歩いていても脹脛が張っているのがよく分かる。


脹脛に関しては、シップを貼るしか対処法はないのか。

それより先に右脚運びを元通りにする方が先決だ。

走りながら「なんで治らんのやろ?」と考えてみる。

蹴る時に、左足は拇指球の後ろの甲が自然と曲がる普通の走り方だが、

右足はそんなに曲がっていないことに気づく。

帰宅後、通常は脹脛を鍛えるための筋トレのカーフレイズ(つま先屈伸)を、

足の甲の部位が普通に曲がるように右足だけおこなう(左足は痛くて できん・・・)

◎ 腹筋 50回×1
◎ ギックリ腰予防のストレッチ
◎ 腕立て伏せ 52回×3
◎ 片足上げ 右400×3 左400×1
◎ 右カーフレイズ 100回×2


【左フクラハギにシップ】
20160203.jpg
キネシオテープは、シップ時に剥がれ留めとして使用するケースが一番多い・・・。
もちろん?? 右膝にもシップ貼ってます。。。


 2月 3日(水) ―

左フクラハギを養生するため休足。

筋肉痛なら運動後に出てくるが、走っているうちに痛くなってくるのは

やはり軽い肉離れか?

しかし、今日は昨晩よりも痛みがマシになっている。 

まともに走らなかった9ヶ月のブランクは大きいが、先ずはスムーズな

足運びできるよーにしやな。


◎ 腹筋 50回×1
◎ ギックリ腰予防のストレッチ
◎ 腕立て伏せ 54回×3(徐々に回数を増やしていきます)
◎ 片足上げ 右400×3 左400×1
◎ 右カーフレイズ 100回×3



 
2月の走行距離/走行回数        20.7キロ/ 2回 

今年の走行距離/走行回数        78.3キロ/ 9回(平均 8.7キロ/回) 
その他 今年の運動   ウォーキング 52.9キロ/ 7回(平均 7.5キロ/回)
                自転車   188.92キロ/ 6回(平均31.5キロ/回)
                三上山 / 1回

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4141:新製品でしょうか? by 向かい側 on 2016/02/04 at 18:28:16

やっぱりリュウさん
大変良くお似合いで
あこがれてしまうわ

次回のマラソン大会でマネしますわ

4142:向かい側さんへ by リュウ on 2016/02/04 at 22:03:47 (コメント編集)

シップをキネシオテープで固定している写真の事でしょうか?
それなら、もっと安上がりでカッコイイ固定方法がありますよ~。
シップの上から監督さんのストッキングを履いて固定。
向かい側さんならば、きっとお似合いです~。。。

▼このエントリーにコメントを残す