fc2ブログ
RSS

養生作業

本堂の表側の屋根瓦がめくれ上がった。

この後、瓦の下地を取り除いています。

2016061414160000.jpg

昨日は本堂内の物を上から土ぼこりが落ちてくるため、4人で外陣に

運び出す作業をし、ブルーシートで覆った。

2016061414220001.jpg



須弥壇等の養生は、仏壇屋さんに依頼。

もちろん、仏さんは違う場所に移動しました。

2016061414210002.jpg

両余間の畳も上げて(上画像の左奥)、一か所に積む(外陣の畳はそのままの

状態の上にブルーシートを敷いている)

2016061414230001.jpg


阿弥陀さん(床の間の左側)にブルーシートかけるわけにゆかんから別棟に運ぶ。
(まだキチンとしてないので乱雑です/ぶら下がっている軸は蓮如上人と親鸞聖人です)
2016061414280002.jpg


仏壇屋さんが余間の壁面を養生中。

2016061414210001.jpg

ビニールの無い昔やったら、全部の畳を上げて物を埃のかからない場所まで

移動し、さぞかし大変やったことでしょうね。

そして、毎日の作業終了前に、降水に備えブルーシートをかけて帰ってゆかれますが、

昔は どーしてたんやろ? 何もせず ほったらかしやったんでしょーかね?

ちなみに、明日の予報は曇り時々晴れやけど、ちゃんと全面にブルーシートが

かかってます。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4260:本堂の関心度は? by 向かい側 on 2016/06/18 at 15:51:49

梅雨時本堂の吹き替えされる
本当の狙いは、
年中行事・完成時期からの逆算・職人さんの都合などと
いろいろありますよね。
マラソンも完走する為に、いろいろと

りゅうさんの「立場」が他人として一番関心ありますね

4261:向かい側さんへ by リュウ on 2016/06/18 at 21:48:43 (コメント編集)

根が糞真面目ですので、誠実に??御答えします。
門徒さんにおきましては、以前より本堂修繕費として、積み立てをして
頂いております。
しかし、「いつまで この積み立てを続けるつもり?」等の声もチラホラ出だし
先行き不透明感が・・・。
たとえで云うなら、ゴールまでの距離を誰もが知らないウルトラマラソンを
皆が走りだしている感じで・・・。

そこでもっと現実的なゴールを門徒総代さんらが定めた次第です(一言でいえば)
で、善は急げ! ??って感じでこの時季から着工!!
むろん、この先も修繕箇所が出てくることでしょうが、しかし、これで来年
以降は積み立て額を減額できるかと。

ところで、夏頃に婿殿の参拝御意向の旨を書いておられたのを覚えてます。
が、サンフランシスコに異動・引っ越し準備等で帰国がむりそーだとか。
ウチも今は、こーゆー状況なので工事現場しか見られません。。。
はよ、工事終わらんかいな。。。

4262:No title by 向かい側 on 2016/06/19 at 20:27:28

そうなんですよ!
この夏に参拝予定してましたが
ご承知のような都合にて
帰国しないことになりました。

今日が孫達の終業式で、早速
シカゴからサンフランシスコへ向います
一段落したら私達も向かう予定ですが
その親御さんもリタイヤされており
居座ったりして・・・
先方の親より先に行けないので(日本人ですね)
私達が行くのは、いつになるやら

4263:向かい側さんへ by リュウ on 2016/06/19 at 21:07:03 (コメント編集)

参拝ツアー?? よりも、サンフランシスコからだと
もっとええところがあります!
以前もひょっとして書いたかもしれませんが、ヨセミテ
国立公園にワイも行きたい~!
サンフランシスコ発の個人ツアーも数多くあるよーなので
機会あれば是非! そのまま、向かい側さんも帰国されなかったりして。。。

4264:歴史は。 by 向かい側 on 2016/06/20 at 08:59:11

リュウさんお奨めのヨセミテ公園などは
私達新婚旅行で回ったような
娘はハネムーンベイビー(古い)でして
仕込みはこのサンフランシスコらしい
らしい・・その作業は瞬間で終わったような
記憶は?
娘にその事は話していませんが

4265:向かい側さんへ by リュウ on 2016/06/20 at 18:36:09 (コメント編集)

朝からインパクトのあるコメントwwをありがとうございます。
ある意味、娘さんは米国生まれとなるわけですね。。。

ヨセミテ、すでに行かれてたんですか、それは失礼をばいたしました。
ハネムーンは先立つものがなかったので、近場のホテルで一泊した
のみでした・・・。

▼このエントリーにコメントを残す